FC2ブログ

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
五感を育む住まいシリーズ、第四回目・・・
本日は嗅覚-

 山や森の中、あるいは木造住宅などはなんとも言えない、よい木の香りがするものです。これは木材内の成分によるものです。
 
樹種によって精油成分の種類や含有量などが異なるため、甘かったり香ばしかったりと、独特の香りがします。
 
 例えば、檜に含まれるヒノキチオールは産地によってもその匂いが異なりますし、雪の多い地域の杉では、ワインのように奥にバニラ香がします。
 
 木の香りは睡眠時のアルファ派を増加させたり、ストレスを和らげたり、血圧を下げるなどの効果があるとも言われています。
 
 ただ、天然素材の木もVOC(揮発性有機化合物)の一種であり、極めて稀にアレルギー反応などを起こす人もいます。ですから、木の家を建てる際には、事前に木材のサンプルで家族の体質に合うかどうかを確かめることも大切なことです。

APOA
スポンサーサイト
その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
コメント

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。